ダイエットの方法や知識が間違っていて効果が出ていない可能性

世は空前のダイエットブーム。しかし糖尿病患者・予備軍は減らず

女性誌・男性誌問わずダイエットの特集が組まれ、現在は空前の減量ブーム。日本人男性30歳代から40歳代の60%、女性の80%以上が体重コントロールを心がけているという。しかしこんなに多くの人々が関心を持っているのにもかかわらず、男性のBMI値は年々上昇を続け(5ページ参照)、2008年の糖尿病患者は予備軍を含めると約2210万人にものぼる(平成18年度厚生労働省『国民健康・栄養調査結果』)。

このダイエットブームにさらに拍車をかけたのが、平成20年度よりスタートしたメタボ健診だ。メタボ健診とは40~74歳(健康保険の場合、被扶養者含む)の健康保険組合などの医療保険加入者(毎年度4月1日現在で加入している者)に対して実施される特定健診のことで、いわゆるメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)を抽出し、メタボリックシンドローム(予備軍含む)と診断されると、保健師や管理栄養士によって、それぞれの状態に応じた保健指導を受けることとなっている。

・メタボ健診の仕掛人は政府近年、糖尿病、高血圧、脂質異常症など、生活習慣が原因による生活習慣病患者が増加する一方だ。厚労省は生活習慣病患者によって、国民医療費全体の約3分の1を占めていると推計している。これらの統計からすると、体重コントロールを心がけている人が多い割には結果は出ていない。そのため国はシステムとしてメタボリックシンドローム患者を減らし、医療費を抑制しようと躍起になっている、ということだ。肥満、メタボリックシンドローム、ダイエット。この関係をどのくらいの人が理解しているのだろう。今、あなたが行っているダイエットは本当に効果があるのだろうか。
腕や脚に出てしまいがちなセルライト。これはエンダモロジーという機械を使えば、カンタンに消すことができてしまうんです。悩む前にエステサロンへ行ってみてはいかがですか!


What's New
2014/12/30 Recommendを更新しました。
2014/12/26 新着記事を更新しました。
2014/12/25 野球部の練習を更新しました。
2014/12/22 会社の保養所を予約を更新しました。
2014/12/20 炭水化物と脂質を更新しました。
2014/12/18 単なるでんぷんの粉を更新しました。
2014/12/17 世は空前のダイエットブーム。しかし糖尿病患者・予備軍は減らずを更新しました。
2014/12/14 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
セコムの健康食品PG-KENKO.JPオンラインショップ健康を考える大人の食事
ホームセキュリティの『セコム』による健康食品です。栄養士や薬剤師のサポートもあり安心です。長江建材株式会社が運営するプロテオグリカンや非変性Ⅱ型コラーゲンを含有する健康食品を販売しています。糖質、塩分、脂質のそれぞれを控えたい方向けに7食分がセットになった冷凍食品を提供しています。